ゆったりと入れる風呂へリフォーム

建売を購入してから20年ほどが経過したとき、お風呂をリフォームすることにしました。その理由は狭くて、快適ではなかったからです。そのためシャワーだけで済ませてしまう場合も少なくありませんでした。しかし、せめてお風呂くらいはゆっくり寛いで入りたいという多いから、最新式のシステムバスを導入することを決意したわけです。最新のシステムバスを入れるには、今のお風呂場だとスペース的に足りないので、そのために大掛かりな拡張工事が必要となりましたが、お風呂に面した裏庭に余裕があったので拡張工事そのものは問題なくできそうでした。ただその分費用が余計にかかってしまうことになりました。これは仕方がありません。工事期間は2週間ほどで、思っていたよりも早く完成させることができました。リフォーム後のお風呂は、本当に最高でやって良かったと家族全員が喜びました。足を伸ばして入ることができる浴室や、冬でも暖かいサウナ、また乾燥させることもできるので、カビの心配はありません。毎日のお風呂は大きな楽しみの一つになりました。